【CBDブランド『Aztec(アステカ)』口コミ評判レポ】おすすめ商品・良い点と悪い点をチェック!

CBDブランド口コミ評判

世界的人気に合わせて、各国で市場が拡大中のCBD。最近は、日本人での愛用者も増えてきました。
数あるブランドの中で、どれを選ぶべきかは迷うところです。

「価格帯とパッケージ以外、どう違うのかもあまりよくわからない…」というのが本音ではないでしょうか?

ですが、同じ商品を売っていても、メーカーやブランドによって、素材や製法、デザイン、ポリシーが全く違います。
せっかく買うのであれば、安心安全に、いいものを買いたいのが誰しもの本音。

今回は、世界的人気CBDブランドのAztec(アステカ)をご紹介します!

購入の際のブランド選びの参考になれば幸いです。
それでは、早速見ていきましょう!

世界中で人気のAztecは、どんなブランド?

まず、Aztec(アステカ)のプロフィールついてチェック。

  • イギリスのロンドンに本部を置く海外メーカー
  • ヨーロッパNo. 1を誇る人気ブランド
  • 天然オーガニックにこだわりのある、安心設計が自慢

欧州No. 1ブランドということで、人気度はお墨付き。
この人気の秘密は、CBD製品の製造方法にあります。
Aztecは、ヨーロッパで初めて、フルスペクトラム製法を導入しました。

フルスペクトラム製法とは?
フルスペクトラム製法とは、簡単に言えば、CBDの効果をより高めることができる製法。

CBD以外の植物エキスに含まれている成分も一緒に抽出するので、CBDのみの成分を抽出するこれまでの方法よりも、より効率的にチルアウトできるようになったのです。

また、原材料についてもかなりのこだわりが!
EU内で最高級品質のヘンプ(CBDの原料)を、ヨーロッパ・北アメリカで農薬を一切使わずに栽培。
天然オーガニックにこだわり、まだまだ古い偏見が多いCBDの社会的地位の向上にも貢献しているブランドです。

AZTECを選ぶメリット

クオリティが高いため、安心して購入ができる!

…CBD製品への認知度が高い欧州では、日本より競争率が高く、品質向上に対してかなりの企業努力が重ねられています!

安心安全のカスタマーサービスも用意されているため、世界中からのユーザーからの支持が集まっているんです。

副作用の心配がない!

…天然オーガニック製法や、高級なヘンプの使用によって、心配されている副作用の心配が最も少ないのがAZTECの特徴。

安心して使用できるのが一番ですよね。

簡単購入が可能!

…日本人のユーザーも続々獲得中のAZTEC。

インターネットで簡単に購入が可能なのも、このブランドを選ぶメリットです。

安全性や認知度が認められている商品である証ですね。

総じて、初心者にオススメしたい要素が揃っていることがわかります。

Aztecを買うデメリット

吸引型に抵抗がある人にはかなり不向きかも。

…CBDは、もちろん、ライフスタイルに合わせて摂取するのが一番。

エディブルやオイルなどでCBDを試したい!という人は、他のブランドの商品を買った方が無難かもしれません。

自分のより良い生活のために用いるものなので、無理をして合わない摂取方法を試す必要はありませんよ!

パッケージがマニッシュすぎるかも?

…多種多様なブランドがあるCBD。

美容に特化したブランドの中には、ハイブランドの化粧品と見間違うようなパッケージのものもあります。

オシャレアイテムとして、またはインスタ映え用としての用途も考えている人にしてみると、Aztecは実用性に偏りすぎているのかもしれません。

結構男っぽい印象のデザインであることは否めませんね。

AZTECの人気商品を紹介!推し商品はこちら

ここでは、AZTECで買うべき人気商品を紹介していきます。
「どれを買うのがいいの…?」と迷ってしまうと思うのですが、
AZTECでオススメしたいのは、ダントツ、

『ワックス・リキッドの吸引型CBD製品』になります。

【AZTEC アステカ】airis Quaser (アイリス クエーサー)

効果を実感した人はワックスの吸引型のヴェポライザーがお勧めです。

AZTECには、食べるタイプのキャンディーや、ライフスタイルに取り入れやすそうなオイル製品がありますが、人気を博しているのは吸引タイプ。
こちらが、ワックスを吸うためのヴェポライザーになります。

メーカー名Aztec
内容量1000mg
CBD含有量900mg (90%)
フレーバーO.G. KUSH、ZKITTLEZ(その他全5種)
料金ワックス+ヴェポライザー
¥ 12,980円(税込)

airis Quaser (アイリス クエーサー)
ワックス、リキッドともにフレーバーが豊富で、濃度が非常に高いことが特徴です。
更に以下の様な複数のメリットも挙げられます。

・吸引型は、直接体内にCBDを取り込む形なので、非常に吸収率が高い摂取方法です。効き目が出るのが他の摂取方法よりも早いのもメリットの一つです。

・吸引するためのデバイスがセットになって売られているのもいいですね。ボタン1つで簡単に操作できるようになっています。

・デバイスには、他のブランドのワックス・リキッドをセットしてもOKという裏メリットも。デバイスは一度買えば、半永久的に使えます。

ワックスもリキッドも、見た目は「小さいなあ!」と思うかもしれませんが、気体化して吸う形なので、実は1つ買うだけで何ヶ月も使用が可能。
案外、コスパが良かったりします。

【AZTEC アステカ】AIRIS クエーサー

ブロードスペクトラム 使い捨て CBDペン

初期投資が高め。気軽に試したい人は、もっと小さなプロダクトからかも!

価格帯を見ればわかりますが、どの商品も5000円以上します。

吸引型であれば、デバイスも一緒に購入しなくてはならないので、初期投資費用は結構かかってしまうのが現実。

コスパを考えれば特に高いわけではないのですが、もっと気軽に、ちょっとだけ試したい!という人は、購入を躊躇ってしまうかもしれません。

ただ、最近は2000円程度の使い捨てタイプも発売されました!

 

【公式】Aztec CBDペン

エディブル(食品)タイプは注意

キャンディーなどのエディブル(食品)タイプは、気軽に摂取できるものではありますが、はっきり言って美味しいものではありません。

サプリメントとして食べるもの…という風に考えてもらった方が無難。

私自身、試食したことがあるのですが、一緒にいた友人ともども、「うわあ」と口に出してしまいました…。ある友人は、「なんか、誤飲防止のおもちゃ舐めてる時の味がする」となんとも秀逸な表現…。

万人受けの味ではないのは確かかも。

1粒あたりの値段を考えると、コストパフォーマンスがいいとは決して言えないのが現状です。

まずは吸引型のワックス・リキッドから試してみてくださいね。

エディブル(食品)タイプは、必ず試食をしてから購入しましょう…。

まとめ

今回のお話をまとめてみます。

  • Aztecは信頼できる欧州人気No. 1実力派ブランド!
  • まずは吸引タイプの商品の購入がオススメ!
  • 初期投資費用は回収できるが、最初の費用はかかり気味!
  • 楽天やAmazonのセール期間を活用しよう!

Aztecは、初めてのCBD購入!という人にとって、かなりオススメできるブランドです。

気になった方は、チェックしてみてくださいね。

Aztec商品一覧

今回はNATUuRの特集でしたが、以下の記事は色々なCBDブランドを調査してランキング形式にまとめたものです!
他のCBDブランドにも興味のある方は是非ご覧ください!

CBDpicks編集部

徹底したリサーチと実際にCBDを使用した実体験をもとに正しい情報を発信していきます!

関連記事

特集記事

CBDpicks編集部

徹底したリサーチと実際にCBDを使用した実体験をもとに正しい情報を発信していきます!

最近の記事

  1. 【インタビュー】CBDタブレット Pocket Chill Time(ポケチル)単独取材!

  2. CBDとの相乗効果「アントラージュ効果」効果を実感しやすくする方法

  3. CBD電子タバコBOXタイプについて徹底解説

  4. CBD電子タバコPODタイプについて徹底解説

  5. CBDクリスタルとは?使い方含め徹底解説【おすすめクリスタル4選】

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 【インタビュー】CBDタブレット Pocket Chill Time(ポケチル)単独取材!

  2. CBDとの相乗効果「アントラージュ効果」効果を実感しやすくする方法

  3. CBD電子タバコBOXタイプについて徹底解説

  4. CBD電子タバコPODタイプについて徹底解説

  5. CBDクリスタルとは?使い方含め徹底解説【おすすめクリスタル4選】

  1. 【2021決定版】CBD電子タバコ(VAPE)おすすめ 8選!

  2. 【おすすめのCBDブランド比較!】CBD人気10ブランドを徹底比較!

  3. CBDとは?【初心者向け徹底解説】保存版

  1. 何故、世界各国で大麻が合法化していっている?

  2. 【危険?安全?】大麻の作用はどんなもの?【メリット・デメリット】

  3. CBDオイルの7つの効果とメリット

  4. 【2021決定版】CBD電子タバコ(VAPE)おすすめ 8選!

  5. CBD電子タバコBOXタイプについて徹底解説

  6. インタビュー企画 CBDブランド『PharmaHemp Japan』単独取材!!

TOP