CBDを知る

CBDの効果やメリットとは?【初心者向け徹底解説】

あなたにお勧めのコンテンツ
お勧めのCBD知りたい
どのブランドがいいの?
CBDってそもそも何?

現代人は、ストレスや不規則な生活リズム、かたよった食事習慣などにより、「疲れが溜まって気力がでない」「スキンケアをしているのに肌荒れが治らない」「なかなか寝付けないし、朝起きるのもつらい」こんな悩みを抱えている方がたくさんいます。

その様な悩みを放置していたら、心や体を壊してしまう事になりかねませんよね。そして、 そんな方におすすめなのが、今話題の成分「CBD」です。今回は世界で大注目されている CBDの特徴や効果、メリットなどを解説していきます。

この記事で分かることは以下の通りです。

  • CBDがどんな成分か
  • CBDの効果・作用
  • CBDを使うメリット・デメリット

最後まで読んで頂ければ、CBDがなぜ世界中で注目されているか理解できます。さらに、 ご自身の生活にどう取り入れていけば良いかもイメージが出来、あなたの健康や美容をサ ポートしてくれる、強い味方になってくれるでしょう。

CBDの特徴

CBDとは?

大麻草に含まれる100種類以上あるカンナビノイドの一つ。WHOも2017年に安全性を認め る発表をしており、現在欧米を中心に世界中に広がっています。まだ研究中の成分ですが、 多くの科学的根拠も出てきている次世代の栄養成分です。

日本臨床カンナビノイド学会

CBDとTHC

大麻草の成分はCBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)があり、THC は精神活性作用があり、日本では違法薬物になっています。一方CBDには精神活性作用は なく、体や精神に良い作用があると研究で明らかになってきています。

CBDについてや、CBDとTHCについてより深く知りたい方は以下の記事をご覧ください。

CBDとは?【初心者向け徹底解説】保存版 海外だけではなく、近年、日本でも注目を浴びている「CBD」CBDにはリラックス効果があり嗜好品として使用される事が増えてきています。 ...

CBDの効果

なぜCBDが心と身体によい影響があるの?

CBDが心身に良い影響を与えることは科学的に証明されています。
では、なぜCBDが心身に良い影響を与えることができるのか?という事についての説明は以下になります。

CBDが効果を発揮するメカニズム

人間はもともと内因性カンナビノイドを持ち、感情制御や運動機能、発達と老化、その他 様々なバランスを保つ為の働きをしています。この働きをECS(エンド・カンナビノイド・ システム)といいます。

ECSは、ストレスや老化によって働きが弱まります。そして、「カンナビノイド欠乏症」 になる事で、様々な疾患の原因となります。そこでCBDを外部から取り入れ、欠乏症を防 ぐ事で心身によい影響を与えるわけです。

ECSは、食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能をもち、細胞同士のコミュニケーション活動を支えています。

日本臨床カンナビノイド

最近の研究では、ECSは、外部からの強いストレスを受けたり、加齢に伴う老化によって、ECSの働きが弱り、いわゆる「カンナビノイド欠乏症」になると、様々疾患になることが明らかになってきました。

これらの作用を利用したカンナビノイド医薬品(イギリスGW製薬のサティベックス)が 2005年にカナダで多発性硬化症の痛み改善薬として承認され、てんかん、ガン疼痛、神経 膠腫、2型糖尿病、潰瘍性大腸炎、統合失調症などの疾患の臨床試験が進んでいます。

日本臨床カンナビノイド学会 基礎情報​より抜粋

心身のリラックス効果

現代人は、日々大量の情報にふれる事で、神経が過敏になっています。CBDには人体のカ ンナビノイド受容体に働きかけ、神経伝達の働きをゆるやかにすることで、ストレス緩和や 安眠効果があると言われています。

イライラしがちな方や、眠りが浅い方は試してみてはい かがでしょうか?

体の痛みを緩和する効果

CBDには抗炎症作用や鎮痛作用があると言われています。関節痛や筋肉痛、神経痛、皮膚 炎などにも効果的ではないかと言われています。
がんの疼痛緩和の臨床試験なども行われて いて、今後の研究が期待される成分です。肩こりや頭痛など、体の痛みにお悩みの方は試し てみる価値があるでしょう。

以上の効果や、他にも様々な効果が信頼出来る研究により明らかになっています。研究結果の一覧表をご参考下さい。

日本臨床カンナビノイド学会 作用機序

CBDのメリット・デメリット

CBDのメリット

・負担の多い薬剤に頼らなくてもよくなる可能性がある

CBDは天然由来の成分なので、鎮痛剤や睡眠薬などの薬剤に比べて、体への負担が少ないです。もし薬に頼る生活をしていて、副作用や体への負担が心配な方にはおすすめです。

・不安障害に対する有効性

過度な恐れや不安にを引き起こす不安障害やパニック障害、PTSDなど、自身での解決が難しい問題に効果があると臨床試験から示されています。

CBDのデメリット

・副作用が出る可能性がある


CBDによる副作用はあまりないと言われています。しかし、摂取しすぎると眠気・喉の渇き・頭痛などが起こることもあります。

また、現在他の薬物を使用している場合は薬物間相互作用により、有害な作用が起こる可能性がありますので、併用する時はかかりつけ医に相談してみましょう。

・粗悪な製品も存在する


CBDの人気に便乗して、模造品や偽物品を販売する悪徳業者が問題になっています。中には違法成分のTHCを含んでいる物もあるとか。輸入の際に検査はしますが、中の成分を全て調べるのは難しく、違法成分や、CBDが含まれていない製品が出回っているのが現状です。

まとめ

以上がCBDのメリット・デメリットになります。
購入の際には信頼できる販売店から購入しましょう。
以下、CBDの副作用や、抗不安作用について記載のある論文です。
論文 カンナビジオールの治療効果とその作用機序

まとめ

いかがだったでしょうか?世界のセレブやスポーツ選手にも愛用される、CBDの効果やメリットを解説していきました。

CBDは様々な悩みを天然由来の成分で解決出来る可能性を秘めた、とても魅力的な成分です。みなさんも、CBDを使ってより健康で豊かな暮らしを手に入れましょう。

CBDの成分、法規制、摂取方法について網羅的に知りたい方は以下の記事をご覧ください。

CBDとは?【初心者向け徹底解説】保存版 海外だけではなく、近年、日本でも注目を浴びている「CBD」CBDにはリラックス効果があり嗜好品として使用される事が増えてきています。 ...
ABOUT ME
CBDpicks編集部
徹底したリサーチと実際にCBDを使用した実体験をもとに正しい情報を発信していきます!