CBDヴェポライザーの構造や選び方を解説!【おすすめヴェポライザー3選】

CBDを使う

CBDを吸うためのヴェポライザーってどんなもの?
自分には合うかな?
もし合いそうなら、おすすめ商品も知りたい!
こんな疑問にお答えします。

CBDリキッドやワックスを吸引するには、ヴェポライザー(VAPE)と呼ばれる吸引器具が必要になります。

そこで本記事では、CBDヴェポライザーの構造やメリット・デメリット、選び方とおすすめのヴェポライザーを解説しています。

記事の内容

・CBDヴェポライザーとは
・CBDヴェポライザーの選び方
・おすすめのCBDヴェポライザー

記事を読めば、CBDヴェポライザーがどんなものか、自分に合うのかが分かるので、ぜひ最後までお読みください!

CBDヴェポライザーとは?

CBDヴェポライザーとは、通称VAPEとも呼ばれる、CBDを摂取するための器具です。
主にリキッドやワックスなど、吸引系のCBD製品を使うときに必要になります。

ここでは、CBDヴェポライザーどんなものなのかが分かるように、以下の3点を解説していきます。

・CBDヴェポライザーの構造
・CBDヴェポライザーのメリット
・CBDヴェポライザーのデメリット

順番に見ていきましょう!

CBDヴェポライザーの構造

CBDヴェポライザーを使ううえで、知っておくべきなのが、その構造です。

3つのパーツで構成されており、以下の通り

  • バッテリー
  • コイル
  • アトマイザー

基本的にセットで販売されていますが、互換性があるものが多く、別々に購入して自分好みのカスタマイズも可能です。

熱を発生させるバッテリー

バッテリーとは、CBDヴェポライザー本体のことを指し、ここで熱を発生させています。
基本的には、USBで充電して使うものなので、故障や寿命以外での交換は必要ありません。操作が簡単で使いやすいものから、中には煙の量や出力を調整できるマニアックなものもあります。

熱を伝えるコイル

コイルは、バッテリーで発生した熱をリキッドやワックスに伝えるためのパーツです。
消耗品のため、定期的な交換が必要になります。

基本的には1ヶ月に1度、頻繁に使うなら2週間に1度の交換が目安。煙が少なくなったり、普段より苦味を感じるようなら交換の合図です。

気化させるアトマイザー

アトマイザーは、リキッドやワックスを入れるパーツ。
バッテリー→コイルと伝わってきた熱が、アトマイザーで気化されて、吸引摂取できるようになります。

長く使うには、2週間に1回ほどの洗浄が必要です。アトマイザーはどうしても汚れてしまう部分なので、しっかりとメンテナンスして清潔に保ちましょう。

CBDヴェポライザーを使う2つのメリット

数あるCBD製品の中でも、ヴェポライザーを用いたCBD摂取は、非常に高い人気を得ています。
というのも、CBDヴェポライザーによる摂取で受けられる恩恵が大きいからなんですよね。

CBD自体のメリットは、すでに知っている人も多いと思うので、ここではヴェポライザーを使うメリットを以下2つほど紹介します。

・吸引摂取なので摂取効率が良い
・CBDをより楽しめる

順番に見ていきましょう。

なお「CBD自体の効果、メリットやデメリットが知りたい!」という人は、こちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

吸引摂取なので摂取効率が良い

まず特筆すべきなのは、CBDヴェポライザーで摂取するリキッドやワックスが吸引摂取であることです。

下記の表に、CBDの代表的な摂取方法と、その摂取効率をまとめました。

摂取方法摂取効率該当製品
吸引摂取17〜44%CBDリキッド、ワックスなど
経口摂取6〜15%CBDサプリ、グミなど
舌下摂取6〜20%CBDオイルなど

以上のように、吸引摂取はCBDの摂取効率が非常に良いです。

摂取効率の良さのおかげで、効果が現れるのが早くなったり、効果の継続時間が長くなったりというメリットがあります。
そのため「CBDの効果をもっと実感したい!」という人には、CBDヴェポライザーを使った摂取はピッタリです!

カスタマイズでCBDをより楽しめる

CBDヴェポライザーは、CBDを楽しむうえで、これ以上ないデバイスです。
というのも、これだけカスタマイズ性が高いのも、使えるリキッド・ワックスの種類が豊富なのも、CBDヴェポライザーだけだからです。

CBDヴェポライザーは、パーツを付け替えて、自分の好きなようにカスタマイズできるという特徴があります。

パーツによって、煙の量や発熱量などが違い、それによって味や感じ方も少しずつ変わるので、組み合わせは無限。
自分だけの愛機を使ってリラックスなんて、最高ですね!

また、さまざまなメーカー製品やフレーバーを試せるのも、CBDヴェポライザーだけの特権です。

他の製品だと種類が限られてくるので、お気に入りが見つからない可能性があります。
ですがCBDヴェポライザーなら、そんな心配はいりません。かならず自分好みの商品が見つかるはずです。

CBDヴェポライザーを使う2つのデメリット

CBDヴェポライザーには、上記で紹介したように大きなメリットがありますが、もちろんデメリットも存在します。
たとえば、以下のような項目がデメリットとしてあげられます。

・メンテナンスの手間がかかる
・初期、維持コストが高い

順番に見ていきましょう。

メンテナンスの手間がかかる

CBDヴェポライザーは、定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスを怠ると、CBDの効果が薄れる、味が落ちる、パーツの寿命が短くなる、と悪いことづくしなので、定期メンテナンスは避けられません。

具体的には、コイルとアトマイザーの洗浄を2週間に1回行います。ヘビーユーザーなら1週間に1回は洗浄したいところ。

さらに、コイル、アトマイザーは消耗品なので定期的な交換が必要になります。コイルは2〜4週間に1度、アトマイザーは1〜2ヶ月に1度の交換が目安です。

このように、メンテナンスは手間がかかるものです。この手間がネックという人には、メンテナンスが必要ないデバイスをおすすめします。

初期、ランニングコストが高い

CBDヴェポライザーは、初期費用、ランニングコストがそれなりにかかります。
1ヶ月目、2ヶ月目以降にかかる費用相場は、以下の通り。

1ヶ月目2ヶ月目以降
デバイス代2,000〜8,000円なし
リキッド・ワックス代8,000〜10,000円8,000〜10,000円
コイル交換代500円前後500円前後
アトマイザー交換代1,000円前後1,000円前後

1ヶ月あたりのランニングコストは約10,000円。意外と馬鹿になりませんよね。

表で見ると、リキッド、ワックス代がとても高く感じるかもしれません。
しかし、CBD1mgあたりの値段で見ると、リキッドだと12〜20円ほど、ワックスだと10円前後と、コスパ的にはかなり優秀です。

CBDヴェポライザーの選び方

CBDヴェポライザーの選び方は、結論、価格とデザインで選んで大丈夫です。
正直なことを言うと、よほど高級なヴェポライザーでないと、違いはほとんど感じません。

あくまでCBDリキッド、ワックスを吸うためのデバイスなので、好きなデザインやコスパ重視で選んで全く問題なしです。

それでも、こだわって選びたいという方には、ヴェポライザーの型で選ぶのをおすすめします。

CBDヴェポライザーは、形状別で「PEN型」「BOX型」「POD型」の3つに分類でき、基本的な構造は同じですが、それぞれ少しずつ異なる特徴を持っています。

それぞれの特徴、おすすめな人を下記の表にまとめたのでご覧ください。

形状特徴おすすめな人
PEN型・低価格

・操作が簡単

・コンパクト

初めてのヴェポライザーに最適
BOX型・デバイスが大きい

・リキッドが多く入る

・バッテリーが長持ちする

・カスタマイズ性が高い

こだわって使いたい上級者向け
POD型・メンテナンス不要(PODごとの交換)

・操作が簡単

・コンパクト

メンテナンスの手間を省きたい人

おすすめのCBDヴェポライザー3選

ここまでで、CBDヴェポライザーがどのようなものか、自分には向いているのかが分かったと思います。
ですが、ヴェポライザーといっても数多くの製品があるので、どれを選べばいいか分からないですよね。

ここでは、初めて買う人におすすめのCBDヴェポライザーを3つ紹介します。

1.airis VERTEX v2.0
2.airis Quaser
3.SMISS C7

順番に見ていきましょう。

1.airis VERTEX v2.0

 

 

セット内容・リキッド専用アトマイザー

・本体バッテリー

・USBケーブル

対応製品リキッド、ワックスどちらにも対応
規格510スレッド
バッテリー容量350mAh
電圧3.4V/3.7V/4.2V
価格2,180円

 

airis VERTEX v2.0は、数多くのヴェポライザーを開発し、国内でも人気ブランドのAIRIS TECH社製品です。

リキッド専用のアトマイザーが付属しているので、購入したらすぐにリキッドを使えます。
とはいえ、ワックス用のアトマイザーに付け替えれば、ワックスも使用できるのでご安心を。

低価格ですが、壊れにくいため、初めてヴェポライザーを買う人におすすめしたい商品です。

2.airis Quaser

セット内容・ワックス専用アトマイザー

・本体バッテリー

・USBケーブル

対応製品リキッド、ワックスどちらにも対応
規格510スレッド
バッテリー容量420mAh
電圧3.4V/3.7V/4.2V
価格3,780円

 

こちらのairis Quaserも、同じく安心のAIRIS TECH社製。ワックス専用アトマイザーが付属している商品です。

VERTEXと同じように、アトマイザーを交換すればリキッドも使えます。
マウスピース部分が、さじになっており、簡単に補充できて、無くすこともない、地味にうれしい機能です。

3.SMISS C7

セット内容・リキッド専用アトマイザー

・本体バッテリー

・USB

対応製品リキッド専用
規格510スレッド
バッテリー容量320mAh
電圧2.7V/3.3V/4.1V
価格1,980円

 

SMISS C7は、アメリカでヴェポライザーのトップシェアを誇るSMISS社の製品です。

こちらはリキッド専用のヴェポライザーで、ワックスは使えないのでご注意ください。
SMISS C7は、まさかの2,000円を切る安さのうえ、洗練されたデザインで個人的にイチ押しの商品です。

まとめ

記事のまとめ

・CBDヴェポライザーとは、CBDを吸引摂取するための器具
・バッテリー、コイル、アトマイザーで構成されている
・メリットは、摂取効率の高さとCBDをより楽しめること
・デメリットは、メンテナンスの手間とコスト
・CBDヴェポライザーは、価格とデザインで選んでOK
・それでもこだわりたいなら形状で選ぶと良い

以上、CBDヴェポライザーについての解説でした。

ヴェポライザーは、初心者から上級者まで使えるアイテム。
自分だけの愛機をカスタムするも良し、色んなフレーバーのリキッドを試すも良し、楽しみ方は無限です。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

また、ヴェポライザーと同時にCBDワックスを使うことが多いですが、その際の使い方について解説した記事も合わせてご覧ください!

CBDpicks編集部

徹底したリサーチと実際にCBDを使用した実体験をもとに正しい情報を発信していきます!

関連記事

特集記事

CBDpicks編集部

徹底したリサーチと実際にCBDを使用した実体験をもとに正しい情報を発信していきます!

最近の記事

  1. 【インタビュー】CBDタブレット Pocket Chill Time(ポケチル)単独取材!

  2. CBDとの相乗効果「アントラージュ効果」効果を実感しやすくする方法

  3. CBD電子タバコBOXタイプについて徹底解説

  4. CBD電子タバコPODタイプについて徹底解説

  5. CBDクリスタルとは?使い方含め徹底解説【おすすめクリスタル4選】

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 【インタビュー】CBDタブレット Pocket Chill Time(ポケチル)単独取材!

  2. CBDとの相乗効果「アントラージュ効果」効果を実感しやすくする方法

  3. CBD電子タバコBOXタイプについて徹底解説

  4. CBD電子タバコPODタイプについて徹底解説

  5. CBDクリスタルとは?使い方含め徹底解説【おすすめクリスタル4選】

  1. CBDとは?【初心者向け徹底解説】保存版

  2. 【2021決定版】CBD電子タバコ(VAPE)おすすめ 8選!

  3. 【おすすめのCBDブランド比較!】CBD人気10ブランドを徹底比較!

  1. CBDとの相乗効果「アントラージュ効果」効果を実感しやすくする方法

  2. 【おすすめのCBDブランド比較!】CBD人気10ブランドを徹底比較!

  3. 【保存版】CBD電子タバコの種類について解説!各メリット・デメリットが分かる!!

  4. 【CBDグミ徹底解説!】効果・注意点も完全理解

  5. 【『CBD fx』口コミ評判レポ】おすすめ商品・良い点と悪い点をチェック!

  6. 女性におすすめのCBD商品5選を紹介!CBDで女性のお悩みを解決しよう!

TOP